マイナンバー画像

引越しの際にはマイナンバーカードの住所変更が必要という事はご存知ですか?意外と忘れがちなマイナンバーカードの住所変更。マイナンバーカードってどう手続きすればいいのか?しないとどうなるのか?今回はマイナンバーカードについて書いていきます。

そもそもマイナンバーとは、国民一全員に割り当てられた番号のことです。
このマイナンバーによって、私たちの行政での手続きが簡単に出来るようになりました。

また、オンラインでの手続きも可能になり、不正防止や支援等様々な場面で役に立つことを担っています。

【マイナンバー通知カード】

マイナンバー通知カードとは、住んでいる市区町村が発行し、貿易書留の郵送で送られてくるカードの事で、この通知カードを住んでいる市区町村の役所に持っていき、マイナンバーカードの発行手続きを行うことでマイナンバーカードを発行することができます。つまり、マイナンバーカードを発行していない方でも、このマイナンバー通知カードは持っていることになります。

ですので、マイナンバー通知カードは、マイナンバーカードを発行するために必要なカード。という事になります。

※マイナンバー通知カードでは、様々な手続きの際に身分証明書として扱われないので、他の身分証明書(免許証やパスポート等)が必要になります。マイナンバーカードの場合は、必要ありません。

【マイナンバーの申請は義務?】

「マイナンバー」は国民一人一人に付与されていますが、このマイナンバーカードの申請は義務ではありません。利便性や効率化の為に、国が推奨しているだけなので、強制ではないです。

今まで役所での手続きや身分証明書の提示では顔写真付きの「運転免許証」や「パスポート」がほとんどだったのですが、両方もっていない人はこのマイナンバーカードで役所での手続きが簡単に出来るようになりました。ですが、このマイナンバーカードは個人情報そのものですので、マイナンバーを必要としない場面での身分証明書の提示としては行わないようにしましょう。

【引越し後マイナンバーの住所変更が必要】

引越しをしてから14日以内に住所変更の手続きを必ず行うようにして下さい。

基本的には引越ししてマイナンバーカードの住所変更を行うのではなく、「マイナンバーカードの記載に変更があった場合」は14日以内に手続きが必要という事になっていますので、結婚で苗字が変った時もその対象になります。

【住所変更をしないとどうなる?】

90日以内に住所変更の手続きをしないと、カードが無効になり、再度カードの作り直しになってしまいます。面倒なことを避けるためにも、必ず90日以内に住所変更の手続きを済ませましょう。

マイナンバーカードは、マイナンバーを確認することができる本人確認証です。引っ越しをすることで、「そのマイナンバーの持ち主が引っ越した」ことは行政にわかるようになっています。そのため、住所変更をせず、記載されている住所が違うと本来の「マイナンバーカード」としての役割を果たせるものではなくなってしまうのです。

会社でマイナンバーカードの提出や役所での拘束時間を考えたら、早めに手続をしたほうが楽ですので、14日以内に必ず住所変更手続きを行い、忘れていた方は90日以内に手続きを行って下さい。

関連キーワード
役所関係の関連記事
  • 転出届
  • 転居届
  • 住民票
  • 引越し後も児童手当を貰う為の手続き【引越学園】
  • 国民年金や厚生年金の住所変更手続き
  • 国民健康保険の手続き
おすすめの記事
役所関係
引越し場所が今までと異なる市区町村の場合、国民年金の住所変更をしなければなりません。 会社員や自営業、家族など、加入している年金によって手続...
引越し業者
【見積り】無料 【TEL】0120−07−0003 Contents1 【パック内容】1.1 単身・ひとり暮らし(ミニ引越しプラン)1.2 ...
引越しの挨拶
引越しをする際には、いままでお世話になったご近所への挨拶や、これからお世話になる新居周りの挨拶は、よい近所付き合いをする上で欠かせません。 ...