住民票

住民票画像

引越しをした際には住民票の住所変更の手続きが必要になります。

この住民票の住所変更手続きは引越し後の14日以内に手続きをしなければ5万円以下の罰金に課せられる場合がありますので、早めに市町村役場へ手続きを行いましょう。

同一市区町村内に引越しをする場合と他の市区町村に引越しをする場合には書類が異なりますので、しっかりとチェックしておきましょう。

【同一市区町村内での引越し】

同一市区町村内への転居の場合には転居届(住民異動届)を市町村役場に提出します。

この転居届は引越し日の2週間前から交付してもらえるので引越し日までの14日の期間で手続きができます。

必要書類として本人確認できるもの(免許証や保険証等)と、印鑑を持参し、
役場で記入して、提出すれば完了になります。

【他の市区町村に引越し】

他の市区町村に住民票を移す場合には以前済んでいた地域の市町村役場で転出届(住民異動届)を提出し、転出証明書を交付してもらいます。

必要書類は本人確認できるもの(免許証や保険証等)、印鑑、国民健康保険証(加入している場合)になります。引越しが終わったら14日以内に、転居先の市町村役場で転入届(住民異動届)を提出しましょう。

その際に以前の役場で交付してもらった転出証明書と本人確認できるもの(免許証・保険証)
と印鑑が必要になります。

国民健康保険に加入する場合には印鑑証明書を登録している場合は手続きが出来ないですので、新居の住所で印鑑登録を済ませた後に再度手続きする形となります。

【住民票登録の注意点】

引越し後の届出期限は引越し後(転居後)14日以内です。転出届をせずに引越しをした場合には転居先での転入届が受付できませんので、郵便や問い合わせでたくさんの手間がかかってしましますので、どちらも14日以内というの忘れないようにして下さい。

また、郵便局での手続きも必要になります。

郵便物が旧居に届いてしまう為、手続きを行わないといけません。

【郵便局の手続き】

自身が郵便局に出向き、転居届を提出します。そうすることにより、1年間は以前の住所に送られてくる荷物が新居に転送してくれます。

インターネットでも手続きが出来るようになってますので、忙しい人や休日を無駄にしたくない人はインターネットでの転居届手続きがオススメです。

引越しの場合、賃貸アパートやマンションでの引越しが多いと思います。この郵便手続きを行わなければ、自分宛ての郵便物がすべて旧居に届いてしまい、迷惑になったりプライバシーが知られてしまう場合がありますので、必ず手続きを忘れないで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です