印鑑登録

印鑑登録画像

何かと重要な手続きや重要書類で必要になる印鑑。そもそも印鑑登録とは、所持している印鑑を所収社本人の印鑑として公に証明する為、住民登録をしている役所に申請・登録することをいいます。

印鑑登録が受理された印鑑のことを一般に「実印」と呼び、公的な手続きなどで使用するのはこの印鑑になります。実印は居住している地域の役所でしか登録できないため、引越しをするときには変更が必要になります。

登録できる印鑑は1人につき1つまで。同一の印鑑を2人以上が登録することはできません。

実印を悪用されないためにも、大量生産されているような安価な印鑑を登録するのは避けたほうが無難です。

また、氏名以外が記載されているもの、氏名の一部が省略されているもの、外枠がないものなどは登録することができないので注意が必要です。

【印鑑登録の手続き】

これまで住んでいた場所での印鑑登録は「転出届」を出すと一緒に抹消することができます。

このとき、発行時に役所から受け取っている「印鑑登録証」を持っていき返却するようにしましょう。「印鑑登録証」が手元になくとも、転出届の手続きと一緒に印鑑登録が抹消されるようになっている自治体もありますので、地域によって違うので手続き前に確認しておくといいでしょう。

引越し後、印鑑登録を行うには改めて手続きをする必要があります。実際に登録する印鑑と顔写真付きの身分証明書(運転免許証やパスポート)が必要になります。役所に窓口に持っていき、申請書類に記入し、押印を行うことで申請が完了します。

どうしても本人が手続きに行けない場合は、代理人でも可能ですので、その地域の自治体に事前に確認しておくとよいでしょう。
自治体のホームページなどでも確認できるので確認してみて下さい。

【まとめ】

  • 同じ市区町村の場合は印鑑手続き不要
  • 別の市区町村への引越しの場合の印鑑登録では、新居の方の市区町村役所での手続き
  • 必要なものは「登録する印鑑」「本人確認書類」「印鑑登録申請書」
  • 代理人も申請可能(代理人の認印、確認書類、依頼主直筆の委任状が必要)
  • 手続き日数は即日可能※代理人の場合は数日かかる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です