犬の登録変更

犬登録画像

猫やうさぎ、小鳥などのペットは、引越し時の役所手続きは必要ありませんが、
犬の場合は飼い犬登録が法律で定められているため、引越し時にも手続きが必要になります。

飼い犬の登録手続き

飼い犬登録は自治体ごとの管理になっており、どこで飼育されているか自治体が把握することで、狂犬病発生時に的確に対応することを目的としています。
なので、必ず引越し後に市区町村の役所に行って変更手続きを行いましょう。

手続きの際に必要なもの

・飼い犬の鑑札
・狂犬病注射済票
・印鑑

届け出期間

引越し前:手続きの必要なし

引越し後:引越しした日から30日以内

犬以外のペット登録

犬の登録以外で、登録が必要な動物は、サル、トラ、タカ、カミツキガメや毒を持つヘビなど、人の生命、身体、財産に害を与えるおそれのある危険な動物をペットとして飼っている場合も登録の変更手続きが必要になります。

手続きにかかる手数料

変更手続きであれば無料の自治体が多いようですが、
自治体によって異なるのでホームページなどで事前に確認しておくと良いでしょう。

前の鑑札や注射済票を紛失してしまっている場合は再交付という扱いになるので、再交付手数料がかかるようです。

▼手続き後

鑑札・注射済票は自治体によってデザインが異なっているので、手続き後新しい鑑札・注射済票を受け取ることになります。

デザインが気になる人は厚生労働省のホームページで鑑札・注射済票のデザインを確認することができます。

厚生労働省HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です