転出届

転出届画像

【引越し元で転出届を提出する】

引越しで「転出届」の提出が必要になるのは、引越し先の住所が、これまで住んでいた市区町村とは異なる場合のみです。

転出届を提出したときに発行される【転出証明書】は、引越し先役場で「転入届」を提出する時に必ず必要となります。

転出届から転入届の手続きは、どちらでも本人確認書類(免許証や保険証)と印鑑が必要になりますので注意して下さい。

転入届の手続きのときは、転出届の手続きをしたときに受け取った【転出証明書】を忘れないように気をつけてください。

手続きは次の通りです。

■転出する役所・役場での手続き

(1)転出届を提出する(転出の14日前~引越し当日)
(2)転出証明書を受け取る

■転入する役所・役場での手続き

(3)転入届と転出証明書を提出する(転入から14日以内)

【引越し元で転出届を提出する】

忙しくて休日もそうしても役所に出向く事ができない、転出届を提出せずに引越してしまった。そういった場合には、郵送で転出届を提出できます。提出すると転出証明書が返送されてきますが、手元に届くまで1週間程かかるので、早めに手続を行いましょう。郵送用の転出届は、各自治体のWEBサイトからダウンロードできるので、印刷したものに記入して下さい。

【郵送方法】

(送付先)引越し元の市区町村

(手続き期間)引っ越しをする前後14日間

(必要なもの)・印刷転出届(郵送用)・本人確認書類(免許証や保険証)のコピー・返信用封筒(引越し元、または引越し先の住所を記入)・返信料金分の切手

※自治体によって異なるので、事前に問い合わせて下さい。

人によっては、ほかに国民健康保険証なども同封する必要があるので、事前に問い合わせておきましょう。

【代理人による転出届の手続き】

転出届は原則として、引越しをする本人、世帯主、または同一世帯の人が提出することになっていますが、代理人が提出することもできます。

(手続きをする場所)引越し元の市区町村の役所・役場の窓口

(手続きの期間)引越しをする前後14日間

(必要なもの)・転出届(役所・役場に用意されているもの)・委任状・代理人の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)・・代理人の印鑑

※自治体によって異なるので、事前に問い合わせて下さい。

         

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です