二輪車

引越しで住所が変更になる場合、バイク(二輪車・原付)を所有している人は、「住所変更手続き(自動車検査証記入申請)」を行わなければなりません。

住所変更手続きが終わったら、自賠責保険の住所変更手続きも忘れないように行っておきましょう。
※バイクのローンが残っている場合などは、所有者(ディーラー・クレジット会社)の印鑑(押印)が必要な場合がありますので、事前に確認しておきましょう。

【排気量別住所変更手続き】

引越しで、二輪車の住所登録変更を行なう手続きは、単車の排気量で変ってきます。

(125cc以下のバイク)

引越し先の市区町村役場が異なる場合

引越し先の市区町村役場が異なる場合にはナンバープレートの変更手続きが必要になります。まずは、引越し前の市区町村役場で「廃車手続き」を行います。

その際に必要な書類

・ナンバープレート(外して)
・廃車申告書(役所窓口にて受け取る)
・標識交付証明書
・印鑑

標識交付証明書は、バイクのヘルメット保管スペースに入っている場合がほとんどです。取り出して収納している場合は忘れずに持っていきましょう。※万が一紛失してしまっていても、窓口で再発行する事が可能。

廃車手続き終了後、引越し先の市区町村役場で登録手続きをしないといけません。

その際に必要な書類

・車庫証明書
・印鑑

この2つを窓口に提出すると新しいナンバープレートが受け取れます。そのナンバープレートを取り付けて街を走る事が出来ます。
※取り付けが難しい場合は、近くの車屋さんに持っていくとたいてい取り付けてくれます。

(126cc〜250cc以下のバイク)

126cc以上のバイクの手続きは管轄の役所ではなく、陸運支局になりますので、注意が必要です。

全国運輸支局MAP

その際に必要な書類

・引越し先の市区町村で発行した住民票
・印鑑
・申請書(役所窓口にて受け取る)
・軽自動車届出済証
・自動車損害賠償責任保険書
・軽自動車税申告書
・ナンバープレート※運輸支局が異なる場合
※軽自動車届出済証はナンバープレート登録事に受け取る証明書で、万が一紛失しても引越し前の管轄運輸支局で再発行してもらえます。

(251cc以上のバイク)

251cc以上のバイクの場合も管轄の役所ではなく、陸運支局での手続きとなります。

251cc以上のバイクは車検が必要になりますので、住所変更手続き時も自動車検査証が必要となります。

その際に必要な書類

・引越し先の市区町村で発行した住民票
・印鑑
・申請書(役所窓口にて受け取る)
・軽自動車届出済証
・自動車損害賠償責任保険書
・軽自動車税申告書
・ナンバープレート※運輸支局が異なる場合
・自動車検査証(車検証)
車検証以外、ほとんとの二輪車は手続きの違いはさほどありません。

引越しでなにかと手続きをする事が多いですが、車や二輪車は時間がかかったり、手続き方法が手間だったりと、なにかと時間がかかってしまいますので、出来る限り、時間に余裕を持ち、役所で問い合わせに行くのがよいです。

二輪車の手続きでは、スムーズに手続きが進むように、住民票の住所登録を忘れず行っておきましょう。

関連キーワード
  • 自家用車の住所変更手続き
  • 引越ししたら母子手帳の登録変更を忘れずに!
  • 引越前と引越し後の【電気】【水道】【ガス】の手続き
  • 引越しで「転出届」入居で「転入届」それぞれの手続き方法
  • 引越し後の児童手当の手続き【注意!】引越し先で違う手続き方法
  • 引越し後手続きを忘れると受給額が減るかも?【国民年金の登録】
おすすめの記事
引越し業者
【見積り】無料 【TEL】0120−07−0003 Contents1 【パック内容】1.1 単身・ひとり暮らし(ミニ引越しプラン)1.2 ...
役所関係
猫やうさぎ、小鳥などのペットは、引越し時の役所手続きは必要ありませんが、 犬の場合は飼い犬登録が法律で定められているため、引越し時にも手続き...
役所関係
前もって準備していても当日になり、何かとバタバタしてしまう引越し。 ややこしい手続きが多いのが役所や役場関係の手続きです。 引っ越しをするこ...
ネット回線
引越しの際に手続きをしないといけないのが回線ですよね。 ネット回線や固定回線などの解約方法って面倒くさいですし、解約方法や契約方法も分からな...