引越しの転居届は代理人でも手続きが可能?

「転居届」は引越し先が今までと住んでいた市区町村が同じ場合に役所や役場の窓口で提出します。(転居届)(転入届)と同じく、引越しをしてから14日以内の提出となっています。

どうしても忙しく、平日に時間がとれない場合でも、土日でも提出を受けている場合がありますので、事前に確認をしておくとよいです。転居届を提出できるのは、引越しをする本人と世帯主、または本人と同一世帯の人に限ります。
※郵送による手続きはできませんので気をつけて下さい。

【転居届の手続き】

(手続きの場所)市区町村の役所や役場の窓口
(手続きをする人)引越しをする本人、世帯主、本人と同一世帯の人
(必要なもの)・転居届(役所に用意されているもの)・本人確認書(免許証やパスポート等)・転居する全員分のマイナンバー通知カードやマイナンバーカード・印鑑
※自治体で異なる場合や人によって提出書類が必要になるもありますので、事前に問い合わせしておくとよいです。

【代理人による転居届の手続き】

(手続きをする場所)引越し先の役所や役場の窓口
(手続きの期間)引越ししてから2週間以内(14日以内)
(必要なもの)・転居届(役所に用意されているもの)・委任状・代理人の本人確認書類(免許証やパスポート等)・代理人の印鑑・転居する全員分のマイナンバー通知カードやマイナンバーカード
※代理人での手続きも可能ですが、手続きには委任状が必要になります。委任状の書き方はその市区町村の自治体で異なる場合がありますので、事前に確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です