引越し後は免許の手続き!近くで出来る意外な手続き場所とは?

引越し後速やかに手続しないといけない運転免許証の住所変更手続き。

もちろん自動車や二輪車の運転に影響はありませんが、何かと本人確認として使う場面が多い運転免許証ですので早めの変更をオススメします。

実際、どこで手続きしていいのか、どんな手順なのか分からない人も多いはずです。今回は引越しの際の運転免許証の住所変更について書いていきます。

免許証

【運転免許証の住所変更手続き】

住所変更の手続きは、引越し先の「運転免許試験場」「運転免許更新センター」「警察署」のいずれかで「運転免許証記載事項変更届」を提出します。(警察署や運転免許センターに置いてあります)その日、その場で免許証に新しい住所が記載されて手続きが完了です。

なお、免許切り替えの更新期間に引越した場合は、更新手続きと同時に住所変更ができます。その際には新しい住所の「住民票」や「健康保険証」など、新住所が確認できる書類を用意しておきましょう。

[手続き場所]

引越し先の「運転免許試験場」「運転免許更新センター」「警察署」

[手続きをする人]

本人or代理人(※代理人申請の場合は、申請者本人が併記された住民票と代理人の本人確認書類が必要になります。※都道府県により異なる場合もあります。)

[必要なもの]

・免許証
・引越し先の住所が確認できるもの(新しい住民票や健康保険証等。※コピー不可)
・印鑑(認印で可)

【免許本籍や苗字変更手続き】

結婚での引越しや離婚での引越しをした人は、住所変更だけでなく本籍や氏名を変更する手続きをしなければなりません。

[手続き場所]

引越し先の「運転免許試験場」「運転免許更新センター」「警察署」

[手続きをする人]

本人or代理人(※代理人申請の場合は、申請者本人が併記された本籍・国籍が記載された住民票と代理人の本人確認書類。※都道府県により異なる場合があります。)

[必要なもの]

・免許証
・本籍や国籍を記載した住民票(※マイナンバーの記載がされていないもの。※コピー不可)
・印鑑(認印で可)

基本的に手続きに掛かる費用は無料となっています。

運転試験場や試験センターでは、自宅から遠い人も多いと思いますが、免許証は警察署でも手続きが出来ます。

引越し先の近くに運転試験場や試験センターや警察署があるかを事前に確認しておくとよいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です